医療事務の資格を取ったあとの求人・派遣募集情報 無料レポート「医療事務の面接ってどんなの?」配布中


履歴書の書き方

医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜HOME≫履歴書の書き方

医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜

履歴書の書き方

転職に欠かせないのが履歴書です。
履歴書の書き方で大切なのは「ていねいに記入する」こと!
誤字や脱字は厳禁です。
万が一間違えたら、修正液などを使わず書き直しましょう!

黒かブルーブラックの万年筆やボールペンを使用して、空欄をできるだけ作らないように心がけましょう。

作成した履歴書はコピーをとり、面接当日にもう一度読んでおきましょう。
履歴書の書き方の基本ルール
履歴書上部の「○年○月○日現在」
ここには提出年月日を明記します。履歴書を郵送する当日、又は持参する当日の日付にしましょう。西暦ではなく元号(平成)を使うのが一般的です。
氏名・住所欄
氏名は他の欄よりも大きな文字で!だれでも読める氏名や住所であっても、きちんと「ふりがな」をふりましょう。また、住所欄でアパートやマンションにお住まいの場合、部屋番号まで正確に記入しましょう。
写真
写真は、第一印象に大きな影響を与える履歴書の顔です!できればスピード写真ではなくスタジオで撮影したものを使いましょう。ビジネスにふさわしい服装、スタイルで撮影しましょう。(たま〜に「Tシャツ、派手な髪型」で撮影した写真を使って応募して来られる方もいます。これではポイントダウンですよ!)3ヶ月以内に撮影したものを使いましょう。
年齢
年齢は正確に!年齢制限を超えて応募する場合、意図的に書かない方もいらっしゃいますが、ここは隠さず正直に記入しましょう。
電話番号
一人住まいなどで、平日の昼間は家の固定電話にかけても電話が繋がらない場合、携帯電話の番号も記入しておきましょう。
学歴欄
義務教育の小中学校については卒業年次だけ記入すれば問題ありません。小学校・中学校・高等学校では公立・私立の区別がつくよう「東京都○○区立」や「私立」を各学校の頭につけます。高校は国公立か私立かも明記しましょう。高校、高等専門学校、専門学校、短期大学、大学などは、入学年次と卒業年次を併記して、学部、学科まで記入しましょう。(大学の場合は国公立・私立の区別は特に必要ありません。)
職歴欄
転職の経験があれば、すべての入社歴rと退社歴を書きましょう。配属部署まで記入するのが一般的。また社会人での受賞経験はぜひ記入しましょう。
退職している場合は時期も記入
現在職に就いている場合はそのままでいいのですが、退職している場合はその時期を記入します。会社倒産などで退職した場合以外は、「一身上の都合により退職」でOK。
免許・資格欄
もっている資格はすべて記入しましょう。取得に向けて勉強中の資格も書き込んでもよいですが、応募職種に関係ない資格は書く必要はないかも・・・
志望動機欄
履歴書の中でも特にポイントになる部分です。マニュアル的な志望動機ではなく、その医療機関や医療事務のどこに魅力を感じたのか、何をやりたいのかを具体的に書きましょう。
趣味や特技
特別に趣味や特技がなくても、空欄にはせず、何かを書き込むようにしましょう。多少興味のあることでOKです。
履歴書でポイントの高い写真の撮り方
服装
濃いめのビジネススーツに色が薄めのワイシャツで。
髪型
髪で顔が隠れないように!前髪がなるべく額にかからないようにしましょう。きちんとくし目を入れて、寝癖はきちんと直しましょう。
眉毛を整えて。白黒写真の場合は、メリハリを付けるため通常より濃いめのメイクの方が◎。
姿勢・表情
あごは引き気味に。顔が片方に傾かないように注意。軽くほほ笑む程度の表情で撮りましょう。暗い印象では悪い印象を与えますが、逆に歯が見えるほど笑っていると不真面目な印象を与えます。
  
無料レポート「医療事務の面接ってどんなの?」を配布しています!
医療事務の面接
 詳しくはこちらのページをご覧ください!
看護師のための退職方法【病院を円満に退職するために】
医療事務 資格    医療事務 資格
  
このページのトップに戻る
当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2007- [医療事務の求人・派遣情報サイト〜医療事務のお仕事探し〜] All rights reserved
為替変動要因